新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



ゆるくゆるすことについて

 

息苦しいか

少しひんやりする小雨が上がり、マスク無しで闊歩する若いもんが目に付く。もう飽きたんだな、きっと。婆はやっぱり感染が怖いからそうっとそこから遠ざかる。

この中坊たちの気持ちも想像してみた。喋るとき邪魔くさいし、めんどいし。ウイルスとかホントに防げるわけ?ていうか、いまウイルス周りに居る?*1

若い彼等には、COVID-19で死ぬ、という恐怖の物語は遠いところにぶら下がってる吊り広告だ。昭和っぽいし、擦り切れてる。非難されてもへのかっぱ*2、叱られても責められても、スルーしとけばいいもんね。

間違えたら駄目

子供の頃から呪文のように「間違えたら駄目」と言われ続けてきた気がする。正解を出せなきゃ駄目の烙印。正しい事が出来なきゃ罰を喰らう。そして、罰を受けたあとに赦された記憶が無い。処罰されたら、そのままされっぱなし。許されることを知らないから許せないのか。許せないことや許せない人が溜まって、身にいっぱい詰まって、ああ重い。

雨の週末に思いつき

緩めることも、ときどき考えてみようか。ゆるく許してみたら?わたしは何を力んでいたんだろう。

制度とか法規とかをすぐ持ち出してきたり、決まりを作れって言う風潮は怖ろしい。ルールは少ない方が良い。人を信じられなくなった領域にルールは乱立する。不信は思考停止だ。

心と決まりが相反したら、心の方を向く。

 

 

愛蔵版 星の王子さま

愛蔵版 星の王子さま

 

 

*1:世界中に居るよ、新型コロナウイルス。真面目な話、2020年10月現在、まだマスクはした方が良いと思うし、飛沫を飛散させる行為は慎むのが良識的だと思う。良識!この日本的な美徳!

*2:死語。