新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



なぜ日本で感染爆発が起こらないか

 

Bloombergの困惑

はてなブックマークで、なぜ日本で感染爆発が起こらないかについて、Bloomberg通信に教えてあげよう!というまとめがあって、うんうん、日本のやり方は、上手いし、上手くいってるよね、と思う。

Bloombergは、どういう方法で日本がウイルスを(ぎりぎりとはいえ)押さえ込んでいるのか解析しかねている。

そうね、だって日本の神秘は「方法」よりも「もともとの暮らしかた」にあるんだもの。

togetter.com

で、上手くいってる日本は、日本のことをもっとアピールして良いんじゃないかと思うの。今、この時こそが、清潔好きな文化とか、靴を脱いでくつろぐ畳の住宅とか、世界の健康と平和のために喧伝、拡散、輸出する好機だと。

日本人ならみんなそう

お辞儀をするけど、ハグはしない。まいてや他人とキスなんか絶対しない。

玄関では靴を脱ぐ。室内で土足とかあり得ないでしょ。外食しても、テイクアウトにさえ、おしぼりがサービスで付く。毎日お風呂に入るし(しかも湯船に全身浸かるのだ)。

日本に住んでいる人なら、ほぼ全員がそうなわけです。昭和生まれの日本人なら、もっとそうなわけです。

もともと、他者と肌を接触させない、屋外の泥を生活環境に持ち込まない。そんな日本人が、もう少し頻繁に手を洗ったり、マスクで防御したり、やや用心して外出を控えたりすれば、どうでしょう。政府の対策を、大多数の日本人がかなり無理なく習慣の一環として取り入れることに成功しているとしたら?

ブルームバーグの中の人は、ここに着目してみたらどうでしょうか。

習慣を変えるのは難しい

イタリア人がハグしないように気をつけるのは難しいと思う。気がついたらハグしていて「あ、ごめん、ごめん」って多くの場合はなってそう。フランス人がこんにちはのキスをしないのも難しそう。頬をすり寄せて「あ」って思うけど、「ま、いいか」って思うんじゃないか。集まるなって言われても、「どうだい、フランソワーズ、退屈してないかい」「イゴール、とても寂しいわ。カフェで集まりましょうよ」みたいな。

アメリカに至っては、欧州同様、様々な移民文化の坩堝だから、言うにや及ぶ。

外出禁止命令でも出さないと、どうにもならないと思うでしょう。

もう少しだと思いたい

ワクチンが出来るのに、あとどのくらい時間が必要なんだろう。治療法の目処はかなり立ってきたのかしら。

なんだかもうやりきれない21世紀はまだ20年しか経ってない。さあ、切り替えて上を向かないと。

畳業界の人は、これを機に沢山畳を輸出してください。

住宅メーカーの人は、これを機に日本建築の機能美をうんと売り込んで、世界を日本式家屋で埋め尽くしてください。

それと、おしぼり屋さんも、世界進出すれば良いと思ってます。