新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



パンデミック宣言

 パンデミックだと思うよ

WHOのテドロス事務局長が、3月11日にCOVID-19について発言した。なんとも歯切れ悪く、パンデミック「宣言」というにはあまりに抑制された印象を受けたのは、私が英語を解していないからなのか?

https://www.who.int/dg/speeches/detail/who-director-general-s-opening-remarks-at-the-media-briefing-on-covid-19---11-march-2020

今、それを言うか

テドロス事務局長の会見を受けて、「それ、知ってる」「今いう?」といった海外のツッコミ・ツイートが散見される。もう、充分感染が広まりきってからのパンデミック発言。感染力や毒性が強いとか、充分に伝えなてこなかった挙げ句に?

 

China and the Republic of Korea - have significantly declining epidemics.

quote from :WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19 - 11 March 2020

「中国と韓国は感染拡大をよく押さえ込んだ」と。じゃ、そのノウハウを広報しようよ。今回の発表にこの情報を入れた価値は何だろう?

 

We have never before seen a pandemic sparked by a coronavirus. This is the first pandemic caused by a coronavirus.

And we have never before seen a pandemic that can be controlled, at the same time.

quote from :WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19 - 11 March 2020

「これまでに、コロナウイルスが切っ掛けのパンデミックは無かった。今回がコロナウイルスによって引き起こされた初めてのパンデミックだ。また、これまでに人類がパンデミックを制御できたことはなかった。」と書いてある気がする。

そんな悲観的なことを、このタイミングで何故に言う?

Better late than never

それでも誰もが何かに取り組む価値はある。劇症化する危険性があるということが、過小評価されている現状を変えたいということなんだろう。

日本では高齢者や持病がある人の死亡例が注目されがちだけれど、老人じゃない感染者が急激に症状を悪化させたというニュースもあった。アメリカでは健康でかつ老人でも無い医師が罹患して、肺が片方機能しなくなって入院中という報道もあった。

だから、テドロス事務局長の今回の会見内容を、それなりに受け止める。世界各国、国から個人のレベルに至るまで、状況を理解する必要があると言うことだ。そう思えば、彼の歯切れの悪い物言いも、パニックを牽制する意図があるのかも?と解釈できなくもないし。

  1. モノと心を備えよ First, prepare and be ready.
  2. 検知、防疫、手当てせよ Second, detect, protect and treat.
  3. 感染を抑制せよ Third, reduce transmission.
  4. 活路を開け、学習せよ Fourth, innovate and learn.

孫正義さんには、特に4.のところへ貢献してほしい。検査しても治癒しないんだから。治癒に直接働きかけることに、未来を拓くことに、その潤沢な資金を投じて欲しい。

薬を開発したり、5Gやその他のテクノロジーをばんばん世の中にインフラとして実装して「思ってもみなかった明るい未来」を提供して欲しい。

今日も手洗い

私がすることは変わらない。今日も手を洗う。顔も洗う。うがいをする。同居老人がうっかり低栄養にならないように、気を配りながら食事をする。

辻仁成さんの日記に、今日の状況の背景にあるモヤモヤについて、そうそう、正にそう!という事が書いてあった。じっくり読んで、私もへなちょこな覚悟を決めた。これまでだって、そんなに慌てたわけじゃ無いけれど、無駄にじたばたしたり、グチグチ繰り返さない。

ここからはもうこのウイルスと生きることを考えるしかないと思っている。このウイルスをインフルエンザのようによく知り、勉強しつくし、周知してしまえばこの未知のウイルスと共存できるかもしれない、と思い始めている。研究こそが大事だ。人類に何が出来るのかを割り出していく、それが次の時代を生き残る人間たちがやるべきことだ。WHOにはあまり頼らずに。

www.designstoriesinc.com