新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



トイレットペーパーが無い

COVID-19ラプソディ

スーパーへ行ったら、なんだか空気が戦場だった。あれ?

ニュースによれば、熊本でトイレットペーパーが売り切れる騒ぎだと。でも、デマだから心配するなと注釈も付いていたからのんびりしていた。また失敗した。これはあれだ。2011年3月11日のデジャビュだ。

 

esremedies.hatenablog.com

 トイレットペーパーの棚はすっからかんだった。介護用のお尻拭きやオムツまで完全に消え失せていた*1。他にもがらんどうになった棚が沢山あって、専業の奥様方はフルスロットルで臨戦態勢なんだと分かった。

米の棚が残りわずか。カップ麺もなんだか寂しい。ペーパータオルが無い。ティッシュペーパーも売り切れている。保存できる乾麺類の棚がいつになくスカスカ。何が起きているのか。

無いと言ったら無いの

政府がメーカーに増産を依頼したから、マスクは大丈夫って聞いたけど、大丈夫じゃないよね。いつまで経っても在庫は補充されないし、ようやく見つけても異常に値段がつり上がっていて不愉快千万。

トイレットペーパーが不足するなんてデマですよ、とニュースが流れても、真に受けるのがバカなのだ。事の真偽は関係ない。デマが流れた時点で素早く行動するのがリスクに打ち勝つ正解なのだ。オクサマ方は皆そうしていらっしゃるのだ!

これから先が長い

多分、これから先が長い。生産体制や物流が元に戻るのには時間が掛かると思う。寧ろ、「元に戻る」だろうかという懸念が拭えない。

The worst is yet to come. こんなもんじゃない、という翻訳を充てたい。情弱で動きの鈍い自分には手に負えない、長い長いお買い物競争が続くのだ。もう、すでに疲労困憊だ。白旗を揚げている。降参だ。

買い占めないでください

説教じみたことを言う気はさらさら無いが、三尺三寸箸の話を思い浮かべている。天国と地獄で、同じご馳走を前に長い箸を手にして、かたやニコニコと、遠くの誰かの口にご馳走を運んでやり、かたや自分の口に箸先を運べずご馳走にありつけない、というあの話。

既に買ってしまったものを誰かに譲ってあげなさい、とは思わないけれど、ご自宅の在庫管理は程々にしていただけないでしょうか。ホントに。

*1:近隣のファーマシーも軒並み全滅だった