新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



理想の朝ご飯

お題「朝ごはん」

食べられない悩み

体調を崩して以降、たくさん食べられなくなってしまった。特に朝、あんなに好きだったペストリーさえ食べるのが辛くて悩んでいた。1日の総摂取食物の物理的な量が、体感で6割~半分くらいまでに減っている。太る心配が無くて良いじゃないか、という考え方もあるが、私にしてみれば栄養が欠乏して倒れたらどうしよう、という恐怖のほうが大きい。毎朝、小松菜とセロリのスムージーを作り、申し訳程度に殆どお湯のオートミールを啜っている。

 

理想の献立

理想の朝食って何を食べれば良いのか。朝の栄養は黄金ですよ、ビタミンもタンパク質も炭水化物もまんべんなくね、という呪文がキツい。果物が苦手だし、朝からハムエッグとか作るのも食べるのも拷問だし、お茶漬けさえ喉を通らず胸いっぱい。とにかく固形物が辛い。

ご長寿スーパードクターでいらした日野原先生みたいなのがいいのかしら、と調べているうちに、こんな記事が目にとまる。

www.elle.com

 記事の要旨は、プチ断食が流行ってるという話だが、私がおぉ、と思ったのは「セロリジュースとコーヒーのみ」のところ。おぉ、朝ご飯、無理して食べんでもええんやん。寧ろ、私のメニューの方が小松菜とオートミールの分だけ勝ってるし!*1

 

これでいいのだ

ほかほかのスクランブルエッグとか、分厚いトーストにバターとか、フルーツごろごろとかをしっかり食べなきゃいけないと思い込んでいたが、そうじゃない朝食もありだった。よかった、よかった、苦しいのに無理して詰めこむことはないんだ!

この記事によれば、ジェニファーやヒュー・ジャックマンを含む一部のハリウッドセレブ達は、朝食を飲み物のみにすることで、「16時間断食状態」というのを実現させている。この16時間断食については、メンタリストのDaigoさんも言及しているのを見つけた。人間の生理にかなっていると。老化予防にいいと。

これらの記事を妄信する必要もないけれど、現行メニューのスムージーと少しのオートミールくらいなら実際体も楽だし、なんなら食べない日があっても良いらしい。朝からあれもこれも食べなくちゃ、という呪縛から解放されて心底ほっとした。栄養補給は昼と夜にすればいいのだ。

 

まとめ:塞翁が馬

図らずも「断食若返りダイエット」みたいな話になってきた。ハリウッド女優も、男優も、Daigoさんも推奨・実行しているということは、16時間断食というのは、性別も人種もなく人類に共通して有効らしい。女性は男性より緩く断食タイムを設定した方が良いらしいけれど、*2苦しい朝食をばっさり斬って、これからはこんな感じにしてみます:

  1. 夕食後は間食しない。
  2. 朝食は手作りスムージー*3とひとくちオートミールのみでOK。
  3. 満腹にならなくて大丈夫
  4. 栄養は昼と夜でざっくり調整
  5. 夜はいいもの食べましょう

ノーベル賞やらクリスマスやら、尻切れトンボのグレタちゃんとイーロン・マスクのことも書こうと思っていたのに、一ヶ月近くひっくり返っていたら、アドベントもとうに始まって2週目だ。とまれ、朝ご飯について呪いが解けたので書いてみた。これから大晦日まで、なるべく励んで書いていきたい。

*1:勝ってはいないです。

*2:まあ、何事も個々の体調や医師の指導を適切に考慮するのは必要ですね。

*3:市販のスムージーは甘すぎて私は無理。