新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



ほぼ日手帳

ジャーナル

買っちゃった。カイシャでもらったフランクリンプランナーは重すぎで、大きすぎ。バッグは大きいのじゃないと入らないし、持ち運んでいるうちに背中が痛くなってきた。いつでもどこでも気軽に字が書けてこその手帳なのに、これじゃ苦痛。
ほぼ日手帳は文庫本サイズで、楽しい、かわいい、いつも一緒、が叶いそう。フランクリンと比較して目標設定がどうとか、1週間コンパスがどうとかいう向きもありますが、どうでしょう。手帳のせいで事が成らないということはないと思う。来年はほぼ日を試してみましょう。先ずはしっくり手になじむこの感触が好スタート。

ケーキ・ケーキ

年末のあれこれについて、可能な限り手を抜いてみるとてネットスーパーで一番小さいケーキを頼んでおいた。
ローストビーフとシュニッツェルでゲルマン風ディナーを終え、お楽しみのケーキを開けてみたら、ついてるはずのイチゴが無かった。しかも配送中に揺れたらしくて、側面と天辺のクリームがぼっこり剥がれて箱に付着。え〜〜〜。
電話してみたら、やはりイチゴは忘れていたらしい。クリーム総崩れの件についても心当たりがあるらしい。まあ、そういうこともあるよね、混んでるもんね、とイチゴなしでもデコレーションがぐずぐすでも、蝋燭立てて歌を歌って、とにかく食べちゃった。今年は「きよしこの夜」を母が英語で歌えるというものだから、歌わせてみた。そうとう怪しいともいえるが、最後まで歌いきったのは、よくできました。

ネットスーパーが25日にお詫びと言って、同じケーキをもう一個、今度はイチゴ付きで持ってきてくれた。いや、老人とおばちゃんでホールケーキ2個はキツイ。と思ったけど、朝晩食べ続けて、もうクリームは当分いらないと思うほど堪能した。パン屋さんのケーキでも美味しいんだよね。