新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



国立西洋美術館

気まぐれに上野に出掛けた。博物館に行こうと思っていたけれど、「すいれん」で満腹になってから書籍コーナーで立ち読みしてたら、国立西洋美術館の建物はル・コルビュジエの設計だと書いてある。じっくり建物探訪もよいかと思いなおして、館内のデューラー展に行ってみた。
デューラーに時間を取り過ぎて、常設展をじっくり見る時間がなくなった。松方コレクション、すごい。なにがすごいって、これだけの絵画・彫刻をがしがし買い集めた男ひとりのエネルギーがすごい。むちゃくちゃでんがな。
次はじっくり常設展だけ見にくるよ。
ル・コルビュジエの建物は立派かもしれないが、世界遺産にするのはちょっと無理かも。なんかね、全体がくたびれています。この国の未来に元気が出ない象徴かもしれません。事業仕分けの人たちはそこいらへんのビジョンも持って仕分けるべきだったかもね。
「すいれん」のステーキは焼き加減の好みも聞いてくれて、きちんと料理したとてもいいお肉が出てきます。シンプルでしっかりした食器に乗って出てくる料理は「ロイヤルホテルの家庭料理」を髣髴させます。カフェレストランだからね、普段着っぽいの。