新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



やりたいことはなんだ

帰りの通勤電車。珍しく座れてふぅーっと息をついた拍子に隣のくたびれたおっちゃんが熱心に読んでる冊子が目に入った。どこやらの大学のパンフレットだ。
見ればおっちゃんはビニール袋にいろんなパンフレットを持っている様子。今読んでいるのは「グローバルな人材が育つ」大学の特徴。英語のクラスなんかが充実!みたいな。ふーん。
他人の家の進学問題よりも、自分で読みかけだったTIMEの記事が気になってたのでバッグから取り出して読んでいると、おっちゃんがまたごそごそ、さっきの「グローバル」のページを必死で読みなおしてる風情。
おっちゃんがどんなに必死になっても、肝心の御子息(御息女かもな)が行きたい!と思ってないと、なんの学校に行ってもどうにもならんのじゃないだろうか。進学先を探してやる親って、そんな親の子って、、、大学行く年齢はもう自分のことは自分で決めなきゃいけないんじゃないんかな。いまどきの日本人って、何歳になったら成熟するんだろう。
ああ、人のうちの事なんだからほっとけ。どこまでも親が面倒みてくれるなんて、ちょー幸せじゃないか。第一、私だってほんとにいい歳して、まだまだ未熟もんだ。そして一生未熟で終わる。

だけどね、少なくとも私は自分の手で脚で頭で生きてるぜ。