新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



片付かない週末

[misc]夢見のあさ
じゃあ、今何すればいいのよ!
と言う自分の大声で目が覚めた。昨日より明日より、今日とかぼんやりしたところじゃなく、今。

滅多に夢見ないのに、何だったんだろう。夜中がこの冬一番の冷え込みで、電気毛布を最強にして寝たら「座敷に陽射しが強く射し込んで、何処に避けてもじりじりと背中半分が熱い」という夢を見た。和室用の机を持って、畳の上をあちらこちらと移動して、書き物を続けている変な夢。それが冒頭の叫びに至ったのはなんだったんだ、やはりストレス?

[misc]文楽
去年から自分に課している「ひと月ひと文楽」。鷺娘というのに惹かれて昼の部に行ったけど、そして鷺娘は可愛らしかったし、雪がひらひら綺麗だったけど、胸に刺さったのは『関寺小町』だった。100夜通ってきたらば、その想い容れてあげようと言った小町の許に通い続けた深草少将は99夜通ったところで病気で死んでしまった。小町はいまや百歳の姥となって永遠に向き合うことの無かった少将を振り返る。ばかだなあ。。。

『嬢景清八嶋日記』は、平家つながりだった所為か、思い入れ深く観た。景清の依怙地が沁みる。悪人が一人も出てこないのも清々しい。父親って娘が可愛いのかなあ、そうなのかなあ。

なにも片付かなかったけれど、それなりの週末。