新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



映画の連休、本買って帰る

レディスデーなので、映画三昧で連休を〆ることにした。
といっても、体力的にも時間制限的にも2本が限度。先ずはシャネル。

ココ・アヴァン・シャネル

1000円でほどほどか。オドレィ・トトゥが美女ではないせいか、ごつごつした顔が全篇に亘って気になる。ただ、襟の高い彼女の衣装は好き。水色のピンタックのブラウス、欲しいなあ。シャネルスーツ、やっぱり欲しいなあ。シャネルシューズ、、以下略。
www.amazon.co.jp


The ugly truth

日本語のタイトル忘れちゃった。知ってる俳優は誰も出ていない、多分B級ラブコメディ。
ヒロインのバリキャリウーマンが可愛い。10のチェックリストに合格の彼氏にデートに誘われてはしゃぐ姿が特に。

Ugly truthの数々、ほんとなんだなあ、きっと。恋愛沙汰に自分を放り込みたきゃ、こうしなくちゃなんだ。ふーん。
amzn.to

マインドコントロール

この数週間で、急激に好奇心湧いたテーマ。さしあたって苫米地博士と西田公昭先生の本をそれぞれ買って帰る。

マインド・コントロールとは何か
西田先生の本は、名古屋の丸善の企画で選定書になっていた。名古屋丸善、この企画面白い。いろんなテーマ別に本が紹介されている。人間が選んだ感じがする。

洗脳支配
苫米地博士。この人は商売上手なところも常軌を逸したレベルにある気がする。だから公式ブログなんか読んでると、取り込まれそうで怖い。でも本は読んどく。