新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



ひさびさ日記

[misc]デコ
美容院に行かなくても結構どうにかなっていたので、気がつけば1年あまり。知人の結婚パーティがあるので、ザンバラもなんだと思って、切ってみた、けっこうざっくり。

忘れていたが、私は天ぱーだった。梅雨時に中途半端にきる愚行。前髪が年齢不相応にできてしまったので、とにかく括れるところはゴムで括り、あちこち方向の定まらない前髪は撫で付けてピンで留めた。

ショートの頃は、オバ臭い顔になるので額を出すのが嫌だと思っていたが、今はそうでもない。だってオバサンだもん、という開き直りよりも、幼さや可愛らしさは削ぎ取りたいという気持ち。あ、それがオバサンってことだっけ。

[misc]老人は家の中でも骨折する
多分、ベランダで転んだからか、今となっては原因の特定は難しい。
とにかく腸骨が割れ煎餅のように折れていたので入院。久々に一人暮らしに戻ったので、気楽に過ごせるかと思いきやその逆。洗濯物やらリハビリ相談やら、相部屋の人たちに付け届けやら、家族の入院はこまごまと忙しい。

個室は寂しすぎるというから、4人部屋にしてもらった。外科病棟なので、患者のルームメイトはけっこう頻繁に入れ替わる。若い人たちが居た頃もあったけれど、今は4人全員がご老人。でも外科なので意外に皆さんお喋りで元気。
入院するまで気づかなかった母の社交家ぶりが新鮮。私なぞより、よほど社会性が高いようだ。

[misc]三味の音が
表皮がやぶれてほったらかしだった三味線を修理しようと思い立つ。この人を目標に、ちょっと座持ちのいいオバサンになろう。今日は三味線屋さんが来てくれる。先ずは聴くから。

明治大正はやりうた

明治大正はやりうた

  • アーティスト:うめ吉
  • 出版社/メーカー: オーマガトキ
  • 発売日: 2005/05/18
  • メディア: CD