新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



父親たちの星条旗

@川崎。レイトショーで字幕つきの映画に、ジィジ、バァバがこんなに大勢。ジィジの割合がやや多め。そしてこの人たちは行儀が悪い。靴を脱いだ足を前の座席に掛けてはいけません。
映画は「硫黄島」よりこっちの方がシンパシィを感じる。商業主義が齎すまやかしの栄華とか、そこに無いふりをしても、しても絶対消えない白人至上主義とか。これらはアメリカの持病で、そして伝染性強い疫病だ。
観終わっていちばん、沸き起こった気持ち--人は希望が無いと生きていけないんだな。