新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



苦しい目にあってこそ、お給金をいただける

車の試乗に立ち会う羽目になってしまった。二人も営業マンが来たからには、どっちか一人くらいは英語が出来るだろう、と思ったら二人とも駄目だという。仕方なく一緒に乗り込んでバックシートから通訳マシーン。
車の一切が駄目な私には難行苦行だった。繰り返される加速とブレーキ、大音響でオーディを試す、ナビゲーターの操作の手元を見せずにぶつぶつと不明瞭な説明、シリンダーがどうとかこうとか、エンジン内部のちんぷんかんぷんな話、そして営業!オマエ、ちゃんと日本語話せよ!何が言いたいのかわかんなきゃ訳せないジャンよ!!
ストレスレベル計測不可能。オフィスに戻っても吐き気とめまいが治まらない。