新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



石鹸で禿が治るか

禿げてるわけじゃないけれど(むしろ頭髪量は人より多いけど)、思うところあって石鹸シャンプーというものに切り替えてほぼ1ヶ月が経った。石鹸シャンプーの良し悪しについては、いろんなところでいろんなことが書いてあるから、そういう議論はそういう熱心な方々にお任せしたい。ここでは「私の場合はこうでした」という事実を紹介したい。
紹介したい衝動に駆られてしまうのは、劇的に抜け毛が減ったからだ。所謂合成シャンプーを使っていた頃は、洗髪のときは勿論、乾かすとき、ブローするとき、朝も昼も夜も、とにかく四六時中ごっそり頭髪が抜けていた。髪が多いからいいようなものの、これが薄毛だったりしたらストレスで早死にするんじゃないかというくらい抜けていたのがぴたりと止んだ。
いまひとつ私を感動させたのは、地肌やら首まわりのブツブツが消滅したことだ。何だ!シャンプーの所為だったのか?同時にフケ・カユミも止まったわけで、頭皮の悩みも一度に解消してしまった。石鹸いいわー、である。
石鹸の前に使っていたのは「フケ・カユミに効くなんちゃらかんちゃら」が配合されたシャンプーだったから、笑っちゃう。石鹸洗髪にしたら地肌すーーーっきり、チョー爽快。ぎしぎし感が気に入らないという人が多いようだけれど、レモンの薄めたのでリンスすれば平気。それにつけてもシャンプーって何が配合されているのか、じんわり恐ろしくなってきた。

5月半ばに外泊したのだけれど、旅先では普通のお風呂の石鹸を泡立てて洗髪。なんかお色気みたいなものは確実に泡と一緒に消えていく気がするけれど、とにかく簡単。そして洗いあがり爽快。当分石鹸シャンプーがやめられません。
シャンプーもリンスも良くすすぐのがコツだと思う。