新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



一生もの

着物って一生ものとよく言うでしょう。え、言わない?気を失いそうな値段が付いているけれど、一生着るのよ、って呉服屋のきめ台詞です。落ち着いて考えると、確かに一生どころか、2代、3代、更にその先の子孫にだって、大切に譲っていくことが出来るわけなので、そういう意味では価値ある財産。
でもね、そんなにしばしば着る機会が無いとか、譲ってやる娘も孫も居ねぇYOとか、問題がある。着物は有閑マダームにならなければ似合わない。容姿がどうとか言う前に、ライフスタイルっていうか、暮らしにそぐうかそぐわないかという点で。
えーと、有閑マダムになりたいです。それで、連れ子に娘とか居ると尚可です。今ならいろいろお着物お付けします。