新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



当郵便局で年賀状をお求めのお客さま

偽年賀状が混ざって販売された疑いがあります。お申し出のお客様には確認のうえ真正の年賀状にお取替えいたします。
、、だってさ。をぃをぃ。
この張り紙を見たとたんに思い出したのは、日銀で新札を着服(厳密には取替え)してた行員たちのこと。珍しくて換金価値のあがりそうな番号の新札を自分のものにしたそうですが、年賀状も?お年玉くじが当たりそうな葉書を郵便局員が偽物と掏り替えていたから偽年賀状が混ざって販売されてしまったのか?
何故そんなことになったのかの説明はどこにも書いてなかったけれど、考えられるのは郵便局内部の不祥事かな。これはニュースにはしないのかな。この張り紙をみることなく、偽葉書を出しちゃったら、ちゃんと配達してもらえるのかしら。その偽葉書の番号が当選しちゃったら、プラズマテレビとかが貰えるのかしら。
いろいろ気になる。