新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



かぶ

蕪、カブラともいう。皮は厚く剥くこと。葉っぱも無駄なくおいしい。保存するときは葉は切り落として別に保存する。葉っぱがつきっぱなしだと実も葉もはやく水分が抜けてしまうようです。

  • サラダっぽく浅漬け。皮を剥いたら7ミリくらい(大体ね)の厚さにスライス。食塩水に2,3分浸す。浸してる間に甘酢の漬け汁を作る。酢、味醂、砂糖。好みで出汁醤油も少し入れてもOK。この漬け汁に塩水からあげたかぶのスライスを10分乃至15分漬けて出来上がり。物足りなければタッパーで一晩。
  • 葉っぱも生食。塩で揉んで、水分をぎゅっと絞って食べやすい大きさに切りそろえる。塩の分量の加減がちょっと難しい。さっとゆでてドレッシングでもかけた方が簡単かも。ものすごく塩辛くなってしまったら水に漬けて塩抜き。しょうがの細切りとか添えるとお洒落さん。
  • 治部煮風。鶏肉と合わせて煮ます。あればすだれ麩も入れるとすっかりそれ風。かぶは皮を剥いて4つくらいに割る。トリは大きすぎると火のとおりが悪いからかぶと同じくらいに薄くして塩、日本酒を振って、片栗粉をまぶしておく。出汁、醤油、味醂の煮汁にトリを入れて軽く火を通す。かぶも入れて煮る。かぶって2分も煮れば火が通るから煮すぎに注意。ニンジンとかシイタケとか、かぶの葉っぱも入れると彩りがごちそう。
  • 味噌汁。火のとおりが早いし、大根みたく臭くならないから好き。根の方は好みの形に切って、葉っぱは茎のほうから細かく刻んで、出汁が煮立ったら1、2分。最後に味噌を溶いて出来上がり。葉っぱは白菜の刻んだのと合わせると濃緑と黄緑の組み合わせが美しい。