新規投稿のとき、ツイートでお知らせいたします。



100円スリッパ

こないだの暴風続きでベランダのスリッパがどこかへ飛んで行ってしまったから、会社帰りに100円ショップで買って帰った。

100円でも結構立派なのが買えるものだと、自分の買い物上手ぶりに得意になって帰宅。ほら、これ、100円だった、と母に見せたら「んまーー、いやだ、」

安物買いを責められたのかと思ったらそうではなかった。このスリッパを作ったのはどんな人たちかと考えたら「可哀想」で、こういうのを買ってる私が彼らを蹂躙しているように思えるので、こういう安いものを「買いたくない」のだそうだ。(でも買わなきゃもっと蹂躪だよ、きっと。)

スリッパひとつ作って工賃3円、とか。今時、そういう女工哀史みたいな世界があるんでしょうか。あるのかもしれません。100均って、そういうモノがずらりと並んでいます。本当は悲しい光景なのかもしれないと、ちょっと思いました。